事業者や個人の通信機器レンタルサービスのご利用を推進する情報サイト

>

通信機器レンタルサービスの利便性

通信機器レンタルサービスとは

通信機器レンタルサービスは、文字通り通信機器のレンタルを行うサービスを指しますが、業者ごとに取り扱う商品やサービスに幅があるため、ある程度範囲を限定して共通部分のみに限定して考えてみましょう。

通信機器レンタルサービスにおいて取り扱われている製品は、身近なものとしてワイファイのルータや携帯電話・スマートフォン、プリペイド携帯などを取り扱う他、無線機器やトランシーバー、防犯カメラなどのレンタルまで、幅広く通信機器を取り扱いますが、メインターゲットは法人を中心に据えており、国や企業が主なビジネスの対象です。

つまり、シンプルに言うなら、法人を主な顧客として通信機器を主力商品としたレンタルサービスの一種です。

個人契約と法人契約の基本的な違い

法人契約を主体としている通信機器レンタルサービスですが、個人契約の取り扱いがある企業もありますので、具体例を挙げつつ、基本的な違いを中心に両者を比較してみます。

通信機器レンタルサービスの個人契約の具体例としては、パソコンや携帯をインターネットに接続するためのモデムやルータ、ワイファイのルータなどのレンタルを主とした個人や一家族単位で利用可能なサービスが主で、個人に対して提供されるサービスです。

対して法人契約の具体的な例としては、企業単位での携帯電話やスマホの貸し出しと、故障時の整備保障並びに代替品の発送などが挙げられ、業者と法人間の契約に基づいて法人の構成員に提供される法人向けのサービスであると言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る