事業者や個人の通信機器レンタルサービスのご利用を推進する情報サイト

>

個人契約で提供されるレンタルサービス

個人で契約可能なレンタルサービスの種類

個人で契約が可能な個人向けのレンタルサービスに絞っても、通信機器レンタルサービスは多様な種類があります。

個人向け通信機器レンタルサービスとしてメジャーなものはパソコンや携帯関連の製品が主で、各種ルータや携帯電話・スマートフォン等のレンタルを提供していますが、無線機器や防犯カメラ、警報システムのレンタルなども行っています。

基本的に法人を対象とした契約を中心とした業者が多いものの、インターネットの普及に伴い、営業範囲が拡大したためか、ホームページを介して必要事項を入力し代金の支払いさえすれば、レンタルを申請した通信機器を発送可能なサービスを提供する業者も増加傾向にあります。

ただし、個人で契約可能なのは、法人用の契約ではなくあくまで個人用の契約に限り、個人で法人契約を交わしたい場合は、個人事業主になる必要があります。

個人用レンタルサービスの特徴

個人用通信機器レンタルサービスの契約について、そのサービスについては触れましたが、具体的な利用例についてはまだ触れていませんので、改めて、通信機器レンタルサービスの個人契約の使用法を提示してみます。

携帯電話及びスマホのレンタルサービスの場合は、国内外を旅行する際や出張の際に利用することが推奨されます。
旅行先で携帯・スマホを紛失するリスクや、個人情報漏洩のリスクを最小限に留めることができるだけでなく、携帯やスマホを所持していない場合の連絡手段の確保にも利用可能です。
加えて、業者によっては空港との提携により空港で受け取りや返還が可能な点も利点です。

また、もっともポピュラーなモデムやルータに関しては、ご家庭にパソコンがある場合は、インターネット接続に必要であるため、大抵の場合はご利用されているのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る