事業者や個人の通信機器レンタルサービスのご利用を推進する情報サイト

>

法人契約におけるレンタルサービスの特色

法人契約と個人契約のサービスの相違点

通信機器レンタルサービスは主に法人を対象としていることから、法人に限定した通信機器レンタルサービス契約があると言うよりは、個人用の通信機器レンタルサービス契約が後追いの形で表れたと言った方が正確かもしれません。

そのため、法人用の契約と個人用の契約の違いよりも、業者ごとに提供するサービス明白な違いがありますが、基本的に多数の製品をレンタルすることが多い法人に対しては、相応の保証やサービスが提供され、個人契約の場合はご家庭へのモデムやルータの設置や通信機器及び各種電子機器のスポットレンタルが主に提供されています。

ややこしくなってしまいましたので、あえて簡単にまとめますが、法人契約のサービスは個人用ではなく企業用のサービスであることから、高額(一般家庭から見た場合)ではあるものの手厚く保障やサービスを受けることができ、個人契約の場合はコストが低い代わりに、保障やサービスも限られてしまう訳です。

法人契約のレンタルサービスのメリット

これまで度々、法人契約のメリットについて触れてはいたものの、その具体例には触れていなかったので、改めて通信機器レンタルサービスにおける法人契約のメリットを具体例とともに挙げてみます。

法人契約にも様々な形態がありますが、ここでは最もとっつきやすい法人携帯を例とすることにしましょう。

法人携帯のメリットは主に五つあり、通信コストの削減によるコストダウン、明細の一括請求による支払の簡略化、端末自体のセキュリティ能力の高さ、端末間の情報共有、法人ごとのカスタムが可能な拡張性の高さなどがあります。

いずれも、個人での利用よりも法人のような集団での利用を意識したサービスとなっていますが、これは法人契約での契約台数の多さや、契約台数が多いほど単価が下がる点も大きく影響しています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る